沖縄旅行その1

a0021649_1844136.jpg


もうずいぶん日が経ってしまったけれど、2月の中旬に沖縄旅行に出掛けてきた。初めて沖縄に行ったのはまだ娘がお腹にいたときのこと。そのときの沖縄がずいぶん楽しくて、またぜひ訪れたいと思っていて、気づけばもうあれから2年と少し経ってしまった。

そして今回、沖縄に行けることになったのだけど、その目的の一つは阪神タイガースのキャンプを見学に行くこと。これはもう何年も前からいつか行けたら…と思っていたのだけれど、なんとなく踏ん切りが付かずに行けなかった。でも今回、たまたまだんなさんが長めの休みをとれ、それがキャンプ真っ最中の2月だったこと、娘も色々なことがわかるようになってきて、野球を見ても楽しめそうなこと、そろそろキャンプに行かないと好きな選手が引退や移籍などしてしまいそう…(実際、今年は大好きな赤星選手が、突然の引退をしてしまった。藤本選手や今岡選手も移籍してしまった。)などの理由で、行くことに決定。一旦行くことを決めてしまえば、あとはわくわくする気持ばかりで、テレビや新聞でキャンプの情報を見ては、早くその日がこないかと待ち遠しかった。





a0021649_1845758.jpg


さて、当日はあまりお天気が良くないのが心配だったけれど、特に雨に降られることもなく空港についてレンタカーを借りると、すぐに阪神のキャンプ場、宜野座運動公園に向かう。一時間ほどで目的地に着き、車を停めると、もう周りは阪神の選手の旗が立っていたり、「歓迎!阪神タイガース」というゲートが見えたりでそれだけで興奮する。付いた時間が遅めだったこともあって、全体練習は終わっていたのだけれど、室内練習場で練習したり、自主練をする選手達などもいて、興奮しながらながめる。大好きな阪神の選手達が、目の前で走ったり、ピッチングやバッティングの練習をしているのを見るのは、本当に嬉しかった。

結局、阪神キャンプは4日間見学できた。うち二日は、朝9時半くらいから夕方の4時半くらいまで、みっちりと見学ができ、メイングラウンドでの、守備練習や、選手ごとのバッティング練習などたっぷりと見られた。練習の合間には念願だったサインももらえた。練習が終わったあとの疲れているところにサインをお願いするのだから悪いなあと思いつつも、とっても優しく「もちろんいいですよ!」と言いながら写真を撮らせてくれる選手もいたりして、それには感激してしまった。

最終日の練習は午前中で終わり、鳥谷選手の一本締めで打ち上がったのを見届けて、その後は日ハムの練習する名護へ行き、日ハムと韓国の練習試合を見たりもした。本当は阪神と日ハムの練習試合もあるはずだったのだけど、雨で中止になってしまい、それは残念だった。

そして最後に、阪神から移籍してしまった藤本選手をどうしても一目みたい!との気持で、浦添のヤクルトのキャンプ地までも足を伸ばしてみた。時間があまりなく、本当に一目だったけれど、藤本選手の姿を目の前に見て、「頑張って下さい!」と声をかけられたので、本当に満足!そのとき私はビデオカメラを持っていたのだけど、興奮しすぎて「頑張って下さい!」といいながら、カメラはまるで違う地面のほうを映しているという、つっこみどころ満載の映像がとれていたのだった…。

初めてのキャンプ見学体験はとっても楽しいもので、来年も行けるだろうか…とすでに来年に思いを馳せてしまう我が家族であった。そして娘は野球の映像やら写真やらを見ると、「あ!やきゅうだ!カキーンだ!」と言ったり、「好きな野球は?」と聞くと「はんしんたいがーす!」と言えるようになり、六甲おろしは今までよりも上手にフルコーラスで歌えるようになったのだった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2010-03-07 15:11 | 日常

<< 野球スケッチ1 メロンパンのような… >>