星信郎個展「休憩中」を見に行く

a0021649_085663.jpg
セツで去年まで先生をされていた、星先生の個展がHBギャラリーで行われていたので、セツの帰りに、見に行く。良く晴れた今日は、風もなく暖かで、久し振りの自転車日和。セツからギャラリーまで、自転車だと10分もかからないくらいで着いた。

星先生の絵は、色がとても綺麗。そして今回は女性がモチーフになった絵がほとんどで、個展のタイトル通り、気持ちよさそうに休憩している。優しい色使いと、構図、女性の表情にうっとりしてしまう。何度も何度もみてしまった。

ちょうどギャラリーには、かなり年上の卒業生の女性の方や、私と同じように現在もセツに通っている生徒が何人もいて、星先生をみんなで囲む。先生は、絵についてはもちろんのこと、セツのこと、それから、セツ先生のこと、いろいろとお話をして下さった。星先生とセツ先生のエピソードが、すごく微笑ましく、節先生のことを話す星先生は、それは楽しそうで、そばにいた女性の方は、「今、セツ先生が乗り移って話しているみたい!」と本気で驚いていた。生前のセツ先生の元で授業を受けられなかったことは、やっぱりとても残念なことであるなあ、と改めて思う。

帰りに、星先生に挨拶をすると、わざわざそばに来てくださり、「どの絵が好きだった?」と尋ねられる。好きな絵とその理由を説明すると、それは嬉しそうに笑ってくださった。ギャラリーを立ち去るのが惜しいくらいで、いつまでも星先生と話していたかった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-04-04 23:09 | イラストレー ション/アート

<< 子供と母親 こんな日に洗濯 >>