1ヶ月ぶりの藤野へ

a0021649_22555887.jpg

月曜の朝、支度をして藤野町にある藤野芸術の家へ向かう。最近の藤野に行く日は、なぜかうっかり度が3割増しくらいになっており、電車に乗り遅れたり、乗り間違えたりの失敗ばかり。今日はそんなことないように、余裕をもって家をでた。(ほんの少しだけれど)

前日にかなりの風がふいた事で、雲が全部吹き飛ばされたのか、空は目を見張るほどの晴天。藤野につくまでに、電車を何度か乗り換えるのだが、その途中で、2回、富士山を大きく見ることのできる地点を通過した。青い空に映える富士山の白と雄大なフォルム。朝から気分が良くなる。

工房のメンバーと昼食をとるのは、いつも山々が真正面に見える斜面。冬は少し寒いのだけれど、ここに来る日は晴天の日が多く、日差しを受ける背中は暖かい。地面を見ると、緑が芽吹いてきていたり、遠くの木々にもつぼみらしきものが見える。ここに来ると四季を敏感に感じられるのだ。この日は可愛い親子連れのかくれんぼの様子が一部始終見られ、まるで絵本を見ているようだねと言って、それぞれが持って来たおにぎりやパンをほおばりながら笑い合う。

昼食後はいつもより集中しての製作。このメンバー達と3月の終わりにグループ展を行うことが決定しているのだ。あと少し、頑張ろう。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-02-26 22:41 | イラストレー ション/アート

<< 村上春樹さんと80年代 コピ・ルアック >>