メアリー・ブレア展

a0021649_191950.jpg

↑上の絵。
メアリー・ブレア展に行かれた方には分かるかもしれませんが、メアリーさんへのオマージュ作品です。

夏休みからずっと開催されていたメアリー・ブレア展。ぎりぎりセーフで見に行くことが出来た。いつも期間が長い展示ほど、なんだかぎりぎりになってしまう。それにしても、出掛けたのが都民の日だったこともあって、ものすごく混んでいた。もっとゆっくり見たいなあと思ったのだけれど、人、人、人で、流れるように見なくてはいけなかったのが残念。

それでもこの展示、本当に行って良かった。こんな素敵な展示を開催してくれたことに感謝したい!とにかく圧倒的な作品量で、そのどれもこれもがすばらしいアイデアと色彩感覚にあふれているのだもの。パンフレットに書かれていた「私は3つの仕事をした。妻であり、母であり、そして、プロのアーティストだった。」との言葉が、とっても格好よかった。こんな言葉を自信を持って言えるなんて、とても羨ましい。そして写真に写っているメアリーさんの美しいこと…。いわさきちひろさんの写真を見ているときもいつも思うけれど、絵を描く時も本当に可愛らしい格好をしている。私なんて汚れても良いようにジーンズとシャツ、とかなのに…。

イッツ・ア・スモールワールドが彼女の作品だなんて、私は全然知らなかった。そして実はディズニーのアニメーションもあまり見たことがないのだけれど、彼女のコンセプトアートを見ていたら、今すぐにでもイッツ・ア・スモールワールドに乗りに行ったり、ディズニーのアニメを借りてきて見てみたくなったりしてしまった。もちろんディズニー以外の作品も素晴らしくて、この仕事量を一人で、しかも妻と母としての役割をこなしながらしたなんて、本当に尊敬してしまう。私はまだまだ…、足元の爪の先にも及ばないなあ。

さて、一番最初に戻って。
↑上の絵。図録を買って来て眺めていたのだけど、色彩の勉強だと思って、メアリーさんの絵を見ながら描いてみた絵。実際に色を塗ってみたら、普段は自分が使わない色の組合わせなので、こんな色の組み合わせが合うのだなあとはっとさせられたりして、とても楽しかった。自分だけで絵を描いていると、つい同じ色しか使わなくなってワンパターンな色使いになってしまう。あまり人の作品の模写のようなことはしたことがなかったのだけど、こうやって描いてみるととても勉強になって良い経験になった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-10-01 01:08 | 日常

<< 十五夜 おんなのこ >>