カテゴリ:食べ物( 14 )

めがねパン

a0021649_848444.jpg


我が家のオーブンは小さいので、いつも小さなパンしか焼けない。400gのパンとか焼いてみたいのだけど、いつも250g〜300gくらいのパンを、更に二つにわけて焼いたりしている。この日のパンは二つがくっついてしまって、めがねみたいなパンができた。後ろには、今か今かとつまみぐいを待っているオチビサン。
[PR]

by blossoms_0606 | 2010-03-20 08:43 | 食べ物

メロンパンのような…

a0021649_1345268.jpg


久しぶりにパンを焼いた。冬の間は、なんだか寒くて酵母を働かせていなかったのだけど、ここのところ少し暖かくなってきたのと、沖縄で友人に作ってもらったパンがとっても美味しかったので、またパン作りそろそろ復活しようと思い、おそるおそる冷蔵庫で眠っていた瓶を取り出して、酵母を復活させてみた。もしかして、もう力がなくなってしまっているかなーと思ったのだけれど、ちゃんと液種が復活して、中種もいい具合に発酵できたので、パンを焼いてみた。

最初に焼いたパンは、それでもなんだかいまいちカンがつかめず失敗。なんだかうまく膨らまなかった。次の日にもう一度、全然別のレシピで焼いてみたら、それはなんだか上手くいったみたい。クープをいれるときに格子状にしたら、なんだかメロンパンみたいになってしまった!

久しぶりに食べた酵母のパンはやっぱり美味しかったー。これからまた暖かくなるので、少しずつパンつくりを復活させたい。
[PR]

by blossoms_0606 | 2010-03-04 01:34 | 食べ物

冷蔵庫にあると安心するもの

a0021649_1553272.jpg

それは、塩豚。
豚肉のブロックを買って来て、その日のうちに、塩をよーく刷り込んで寝かせること3日くらい。熟成された塩豚は、水分が抜けてぎゅっとしまって、甘みも旨味も増加されて本当に美味しい。厚めに切って炒めれば歯ごたえのあるハムみたいな感じ。煮込みに使えば、塩豚だけで美味しいだしが出る。焼いて食べてもいいし、茹で塩豚にしてもいいし。メニューの幅が広がるので、仕込み中の塩豚が冷蔵庫にあると、なんだか安心するのだ。

この塩豚と小松菜で作ったスパゲッティが美味しくて、最近なんだか良く食べている。しかし私は、実のところスパゲッティを茹でるのが苦手。スパゲッティに限らず麺類全般が苦手なのだ。特にスパゲッティは、麺を茹でながら具の準備をしたりのその微妙な時間配分が難しく、いつも麺をゆですぎてしまう。他の麺類にしても同じこと。どうしても茹ですぎてしまって、実家にいた頃にはラーメンや素麺を作っては、弟に何度いやな顔をされたことか。(弟は料理の味にうるさい…)

そんなわけで、この写真のスパゲッティはだんなさん作のもの。彼は「あんなにパンとかケーキとか作るのにスパゲッティを作れないのが信じられない」というけれど、こればかりはいつも彼にゆずる。彼はほんとうにあっという間にスパゲッティを作るので、休日のお昼など、スパゲッティを食べたいときはいつもだんなさんの担当になるのだ。そして、人に作ってもらったご飯はとりわけ美味しい!
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-07-07 01:52 | 食べ物

パン作りの日々

a0021649_23265746.jpg

またもやパン作りの記録。
これは、プレーンなパン。中種を使って焼いたもの。中種のほうがふくらみも早くて、焼成時にもよくふくらむ気がする。

a0021649_0513637.jpg

これは黒ごまを練り込んだパン。ごまは、たーっぷりという位練り込んだほうが良さそう。昔、アンデルセンというパン屋さんでアルバイトしていた。そのときのトレコンブロートというパンで、ごまの沢山入ったパンの美味しさを知った。ポテトサラダなど挟んだサンドイッチにしたらとても美味しい。トレコンブロートは、外側にもごまがびっしりついていた。今度試してみようか。

a0021649_0534273.jpg

こちらは、レーズンをたっぷり練り込んだもの。大粒レーズンだったので、レーズンをフードプロセッサで細かく砕いて練り込んでみたところ、生地にもほんのり紫の色がついた。レーズンの糖分があるからか、いつもよりもしっとりとしたパンになった。

そういえば私のパン好きは、アンデルセンでアルバイトしていた時からのような気がする。大学生の頃なので、もう今から15年くらい前のこと。そのときは、美味しいパンを食べたかったらお店で買うのが当たり前で、こんなに自分がパンを焼いたりするようになるなんて、夢にも思わなかった。最近は、本当に外でパンを買うことが少なくなった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-07-06 00:56 | 食べ物

届いた野菜を使って

a0021649_0422524.jpg

せっかく野菜が新鮮なうちに…と、届いた野菜を使ってピザを焼いた。生地は酵母を使ったいつもの生地。これは、なすをたっぷりスライスして、ツナやタマネギなどを乗せたピザ。トマトソース味。

a0021649_0423472.jpg

こちらは、ジャガイモを塩とオリーブオイルでソテーしたものと、スライスしたタマネギ、ズッキーニをのせたもの。味付けは、簡単にオリーブオイルと塩のみ。食べるまえにレモンを一絞り。

届いたばかりの野菜は新鮮で本当に美味しい。ピザもシンプルな味付けだけれど、生地も外側はかりっと、中はもっちりと焼けてとても満足。小学生の頃、実家にいたときも母がピザを焼いてくれたことがあって、それがとても美味しかったことを思い出す。贅沢なランチになった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-07-05 00:41 | 食べ物

野菜だより

a0021649_0145518.jpg


定期的に届く、母からの野菜達。家庭菜園で収穫したものの他に、最近母が入っている農業サークルで収穫したものもあるらしく、いつもより量が多い。「有機栽培よー」と電話で楽しそうに話す母。「アグリの会」というのが母の入っているサークルで、実家の近くにある病院の先生夫妻が中心になって発足したらしい。母はそのサークルできゃらぶきの作り方を会員の人達に伝授したこともあるらしく、話を聞いているとなかなか楽しそう。もう少ししたら、娘を連れて、野菜の収穫のお手伝いに行こうかと思う。最近の娘は、ベランダに出してあるタマネギやじゃがいもを抱えて、どろどろになりながら部屋に入って来て、「はい!」と言って渡したりするので、笑ってしまう。

娘は野菜が好きで、特にポテトサラダがお気に入り。届いたばかりのじゃがいもをふかして、にんじんやタマネギもいれたポテトサラダを作ると、スプーンを使って美味しそうに食べる。最近、スプーンの使い方がずいぶん上手くなってきた。スプーンを使うのがもどかしくなると、小さな手でがしっと掴んで、4本の指を全部口の中にいれて食べたりするのがおかしい。離乳食を始めたばかりの頃から、野菜は本当に良く食べた。にんじんやさつまいもを蒸しておくと、それだけでおやつになった。最近のおやつは、バナナとパン、おにぎりなど。バナナは大好きで、1日に3本食べて驚かされた日も。娘がもう少し大きくなったら、「ばあばの野菜だよ」と教えてあげよう。
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-07-04 23:53 | 食べ物

パン修行の成果

a0021649_2131265.jpg

そんなわけで、天然酵母が我が家にやってきてから、酵母を死なせないようにと、また酵母を使ったパンの焼き方に慣れようと、一日置きくらいにパンを焼く日々。
最初は、いろいろと疑問もたくさんあったのだけれど、一緒に勉強会に参加した仲間どうしで質問し合ったり、先生にまとめて質問を送ってみたところ解消されたりと、少しずつ酵母のことが分かって来た。そして、パンもだんだんと安定したものが焼けるようになってきた。

最初はプレーンなパンばかり焼いていたのだけど、少しアレンジしたパンなども焼くようになった。

a0021649_214130.jpg


これは、大納言甘納豆をいれた、リュスティックタイプのパン。

a0021649_2143788.jpg


これは、レーズンをいれたカンパーニュタイプ。

しかし、まだまだ先生のパンにはほど遠い。柔らかで、滋味深い味のパン。あの味にはなかなか辿り着かない。先生は10年くらいパンを焼いていて、そのうち天然酵母で焼いているのは8年くらいと言っていた。私はパンを焼き初めてからまだ4年。天然酵母はまだほんの何日か!追いつかないのは当たり前。それでも、前にも増して、パンを焼くことが自分の生活の一部に組み込まれたことは嬉しい。お米を炊くことが普通のことのように、パンを焼くことも日々の中の自然な作業の一部になったのだ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-06-17 02:10 | 食べ物

ベーグル

a0021649_121449.jpg


久しぶりにベーグルを焼く。もちもちしていて、焼きたてはいくらでも食べてしまう。
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-06-07 01:01 | 食べ物

久しぶりのリュスティック

a0021649_01914.jpg


ときどき行く、「ビゴの店」のパンが好きで、その中でも「大納言リュスティック」というパンがお気に入りでいつも楽しみに買っていた。最近はまた湿度と温度が高くなってきて、パン作りに良い季節になってきたので、久しぶりにリュスティックを焼いてみた。中に、大納言の甘納豆とみどりが綺麗なえんどう豆の甘納豆をいれて。

夜にこねまで済ませて、一時発酵は冷蔵庫の野菜室の中でじっくりさせる製法なので、朝に野菜室を明けて発酵の済んだ生地を取り出す。普段発酵は30℃くらいの暖かい場所で1時間としていたので、初めて野菜室で発酵させたときは、そんなに低温で本当に発酵するのか?と思ったのだが、きちんと発酵するのだ。そして、朝取り出した生地はひんやり冷たく、扱い易い。

a0021649_0345782.jpg


久しぶりに焼いたリュスティック。一回目に焼いたのはあまりに久しぶりすぎて失敗してしまったけれど、二回目のものは大成功。焼きたてをほおばってみると、外側がパリっと、中の生地はもっちりとしていて、いつも買っていたビゴの店の「大納言リュスティック」に、なかなか健闘しているのでは?などと思ってしまった。

これから、どんどんパン作りに適した気候になってくるし、またパン作りの熱が少し上がって来た。時間をみつけていろいろと作ってみようと思う。
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-06-01 00:18 | 食べ物

小夏ちゃんいらっしゃい

a0021649_145119.jpg

昼前に家を出て、代々木公園で開催中のアースデイの催しに出かける。久しぶりに娘を連れて渋谷方面に出かけるのでやや緊張。そして原宿駅で降り立ったのはもうどれくらいぶりだろうという間隔で、なんだか落ち着かず足早に通り過ぎる。アースデイは代々木公園の中でやっているとばかり思い込んで、すたすた歩くもいっこうに見つからず、ちょうど偶然会場に来ていたらしい友達からの電話で、公園の外の広場にて開催されていると知る。慌てて歩道橋を渡ってそちらに移動する。

約束していた友達と落ち合って、とりあえず腹ごしらえ。いろいろと自然食系のお店が並ぶ中、迷いながらもカレーのおいしそうな匂いに惹かれて列に並ぶ。受け取った後に食べる場所を探して二人のちびちゃんも一緒にお昼にする。娘がカレーをぱくぱく食べていたのに驚く。野菜のピューレに少しスパイスが入ったような優しい味だったからだろうか。今度家でも作ってみようと思う。

その後、偶然の友達と、後から自転車でやってきた旦那さんとも合流し、お店を見たり買い物をしたり。自然育児のブースなども出ていて面白かった。気になるものをいくつか購入。しかし人の多さに辟易。もう少しゆったりとした場所だとありがたいのだけれど。途中、旦那さんに連れられていた娘が寝てしまったとの連絡。芝生の上でしばらく寝かせておくとのこと。その間また少しふらふらとする。

しばらくして、娘が起きた、自分も寝ていて娘に起こされたと、旦那さんからの連絡。今からいくからと、友達夫妻とちびちゃんに別れを告げて芝生広場に戻ると一眠りしてすっきりした顔の娘と旦那さん。芝生での昼寝はさぞ気持ちよかったでしょう。そろそろ帰ろうとしたところ、家が近くだからと偶然会えた友人に誘われ、少しお邪魔することに。

その友人より、小夏のお裾分け。毎年文旦を恒例のようにお裾分けして頂くのだが、小夏も同じ農家から取り寄せているらしく、一緒に小さな新聞も同封されている。農家の奥さんが書かれているらしい可愛いこなつちゃんのイラスト入り。このかわいらしい名前の果物は、産地によって名前が違うらしい。高知では小夏、伊豆ではニューサマーオレンジ、宮崎では日向夏。どれも可愛らしい名前。りんごのように皮を向いて、そぎ切りにして白い皮の部分も一緒に食べると言う。少し塩を振っても良いとのアドバイス通りぱらぱらと塩を振ると、また違う甘みが出てきた。小ぶりでみずみずしいこの果実、いくらでも食べられそうだ。食べながら、宮崎の方に息子さんを連れて帰省している友人のことを思い出した。そろそろ彼女はこちらに戻ってくる。「二人で少し日焼けしてくるかも」といっていた彼女が帰ってきたら、小夏のことを話してみようと思う。
[PR]

by blossoms_0606 | 2009-04-18 00:43 | 食べ物