<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

天園へ登る

a0021649_0181777.jpg
朝起きると、良い天気。洗濯でもしようかと思っていると、友人から連絡をもらい、鎌倉へ出掛けることにする。

アウトドア好きの友人は、都内近郊の色々な場所の、ハイキングや登山コースに精通しており、この日も、私は全く下調べをしないまま、彼に任せて鎌倉ハイキングにお供することに。いつも少し遠出をするときは、たいてい自分で下調べしたコースをたどることが多いのだが、「ついてきて下さいね」と言われるのは実に頼もしい。

着いてすぐ向かったのは、報国寺という、立派な孟宗竹の庭と茶席がある寺院。静かすぎて言葉がでないほどの庭園。竹に囲まれた茶席にて、まず抹茶と和菓子で一息つき、本日のコースについての説明を受ける。その後一旦鎌倉駅付近まで戻り、ミルクホールというレトロな喫茶店で昼食をとる。食後についてきたアイスコーヒーとデザートが思いの外おいしくて舌鼓。

昼食後、いよいよハイキングコースへ。瑞泉寺を経て、「天園ハイキングコース」と呼ばれる、鎌倉では最長のハイキングコースへ。途中休憩もせず、ひたすら足を進め、しばらくしてたどり着いた、「天園」と呼ばれる見晴らし台からは、鎌倉の街が一望できた。その先の海や、江ノ島、稲村ヶ崎のほうまでも。今まで全く知らなかった鎌倉の絶景スポットを知り、感動でしばし言葉を失う。その後、さらに歩き、何度かの絶景ポイントを経て、最後は建長寺の裏にたどり着く。沢山の天狗の像を横目に見ながら、転ばないよう階段を下る。建長寺まで下りてからは、更に鎌倉まで歩き、せっかくだからと江ノ電と湘南モノレールにも乗り、大船を回って帰途につく。一日で海と山を堪能し、鎌倉フルコースだねと笑い合う。

雨で足場は悪かったが、転ばないようしっかり地面を踏みしめて歩いた。落ち葉とどろでぐしゃぐしゃになった道から立つ土と緑の匂いは、小学生の頃良く遊んだ裏山を思い出させた。

途中、おみやげに買ったわらび餅屋のおじさんは、「一つ下さい」と告げた私の一言で「あれ、関西出身」と言う。「ええ、母が…」と返しつつ、一言で関西のイントネーションを聞き取られたことに驚く。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-19 00:03 | 日常

雨の日は静かに

a0021649_23573987.jpg
前日の、夜遅くまでの祝宴の余韻にひたりながら、少し遅めに起きる。朝起きると、ひどい雨。とりあえず、洗濯はあきらめる。

こんな日は、一日部屋で過ごすのも良いかと思いつつ、近所まで買い物へでかける。一週間出張へ出掛ける家族への、洋服選びなど。せっかくだからと、傘をさしたまま、近所の今まで行ったことない道などへ、軽く散歩にでかける。

いつもは自転車で通り過ぎる道は、歩くと色々な発見があって楽しい。しばらく歩いた後は、最近できた自家焙煎の喫茶店で一息いれる。来店は2度目。以前きたときと同じ、アルバイトの女性の方に話しかけられる。珈琲が好きなこと、ブレンドに使われている豆の種類についてなど、いつくつか会話を交わすと、その女性の人柄もあると思うが、思いの外話が弾む。そしてしばらくすると、頼んだ一杯目の珈琲を飲み終わる頃、もう一杯の珈琲を運んできてくれる。「修行中なのですが、良かったら私が淹れた珈琲も飲んで見て下さい」とのこと。遠慮なく頂く。

マスターは、カウンターに座ったお客と話が弾んでおり、会話が出来なかったのだが、帰り際、また女性が話しかけてくれ、嬉しい気持ちになる。正直、珈琲の味は自分で淹れたほうが好みだ。だけどこういうお店には、何度でも通いたくなる。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-18 23:48 | 日常

もらい泣きするほど

a0021649_23464364.jpg

久しく会っていない友人の結婚パーティに招待され、久し振りに着物に袖を通して出掛けることにする。午前中は、アトリエにデッサンをしに行ったので、私が時々和服を着ることを知らない友人には若干驚かれる。普段は、割とカジュアルな格好なので、余計にギャップがあったようで。

午後から青山のパーティ会場へ移動。格好良くタキシードを着こなした友人に会うのも、もう3年ぶりくらいだし、かわいらしいお嫁さんには会うのは初めて。それでも、2人が本当に幸せそうで、思わず胸が熱くなる。沢山の友達が前々から準備した、数々のサプライズで彼らを祝福するその会場には、本当に暖かい時間が流れていた。ロック好きで、ギターも歌も得意な友人が、新婦に向けて歌で愛情を表現すると、それを受けて幸せそうな新婦も、それはそれはかわいらしく、彼に向けて歌で愛情を返す。なんて素敵なんだろう、と思ったら、いつのまにか涙が流れていた。幸せだった。

楽しい時間は場所を移動してからも続き、久し振りに会う友人とも近況報告などしあい、充実した時間を過ごす。仲間って本当にいいな、と、彼らと彼らを祝福する友人達全てを見て、そう思った。幸せそうな夫婦の顔を、しばらくは思い出して笑顔になりそうだ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-17 23:36 | 日常

読書の梅雨

a0021649_1175846.jpg

アルゼンチン戦を見ながら日記を書く。この時点で5−0。アルゼンチン強い…。キャプテン翼のマンガを見ているようなプレーの連続。なぜボールが足から離れないのだろう!

このところ、いつにも増して、本を読む時間が多い。
仕事の合間に、この間古書店で100円で手に入れた、田口ランディ、「もう消費すら快楽じゃない彼女へ」を読む。友人が薦めていたのと、ちょうど古書店でであったタイミングの良さで読み始めたのだが、予想以上に、今の自分の心にしみるように入ってきて、驚く。

出版されたのがもう何年も前になるし、時事問題などをとりあげていたりするから、これを、その当時読んでいたら更にいろいろ考えさせられたかもしれない。だが、今読んでも、本当に今の自分にとって大切な言葉が沢山書いてあって驚く。ランディさんの友人で、韓国籍、在日3世の友人ノリコさんの言葉にもいちいち頷く自分がいる。特に、母の役割について書かれている章は、かなり考えさせられてしまった。

私は、例えば少年犯罪などがおこったとき、ワイドショーやニュース番組などで、キャスターやレポーター、例えば心理学者、精神科医、ノンフィクション作家…なんかが思い思いに意見を述べて、「彼の心の闇が…」などといっている様を見ると、いつも「?」が沢山頭に浮かぶ。分析してどうするのか、もうおこってしまったことなのに。私はあのような場面をみて、いろいろな論議がされていても、全然話の内容に現実味を感じられず、そこで論じている人たちみんなが、単なる野次馬のように見えてしかたないのだ。言葉は悪いかもしれないが。

ある、思春期の少年達を集めたテレビの討論番組で、「どうして人を殺してはいけないのか」と質問する少年に、その場にいた大人達は、明確な答えを出せないことにショックを受けていたらしい。それをリアルタイムで見ていたノリコさんは、ランディさんの隣で、画面の少年に向かって「あほか!」と怒鳴ったという。そして、「私が親だったらこいつの頭どついて、家に引きずってかえるけどね!」と言い放つ。その後のノリコさんとランディさんのやりとりを読んでいても、ノリコさんは、いちいち私の思うこととほぼ同じことを、ずばっと気持ち良く言い放ってくれる。

私はこの番組を見ていたわけではないけれど、「どうして人を殺してはいけないのか」という問いに対して、それを論理的に納得させる明確な答えが、この少年に必要だったのだろうか、と思う。この少年に必要なのは、両親の愛情ではないのか。月並みな言い方になるけれど、両親から無償の愛情を受けて育ったならば、こんな馬鹿な質問するわけがない。私もこの番組をみていたら、きっと、「あほか!」と怒鳴っていたと思う。ノリコさんと同じように。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-16 23:38 | 日常

口笛を吹いて帰宅

a0021649_121051.jpg

前日、緊急の仕事が入り、めずらしく明け方まで作業をする。終わったのが明け方4時。空はうっすらと明るい。ちょうど極度の眠気が襲ってきて、そのまま布団へ。ストンと眠りにおち、一度8時すぎに起こされる。毎日欠かさず見ている「純情きらり」を見ようとするも、全く目があかず、そのままソファーで二度寝。次に起きたときは9時だった。まだ眠気がとれず、更に寝る。さすがにそろそろ出かけなくては、とやっと起きたのが10時半。こんなにぐったりとしているのはめずらしい。

アトリエに着いて、友達としゃべるとだんだんと元気になってきた。この日は、友人の作品撮影の手伝いをする。撮影場所に使わせてもらった場所は、画材などを扱っている会社の倉庫で、従業員の方が何人かのぞきにくる。アドバイスをくれる人などもいて、なかなかためになる。スライド用にリバーサルフィルムで撮影。初めて使うカメラだったので、ちょっと心配。露出など、上手く言っているといいのだけれど。

その後、アトリエにほど近い彼女の家で休憩。彼女は最近コーノ式に興味を持ってくれ、この日はコーノ式4人用ドリップセットを届けた。まだドリップポットがないので本格的には入れられないが、やかんと菜箸をつかって、ぽたぽたと落ちるようにドリップ。なかなか上手く言ったようで、いつもよりおいしい、とのコメントを。私もいつのまにか、コーノ式の伝道師になっているような気がする。

夜は神保町にてカウンター寿司を食べ、安いビールのお店に移動して顔見知りだが初めて会話する子といろいろと話をし、帰途につく。雨がひどくなっていて、自転車を置いて帰るはめに。最寄りの駅前につくと、改札をでてすぐのところにあるケーキ屋さんから、若いサラリーマンがケーキの箱を持ってでてきた。大きさからして、ケーキは1つ、あるいは2つくらい?帰り道が同じ方向で、ずっと彼の後ろを歩くことになる。しばらくすると、雨のおとに混じって、彼の口笛が聞こえてきた。お土産のケーキに口笛。よっぽど良いことがあったのか。あのケーキは、一人で食べるのか、それとも彼女に?奥さんに?などと、知りもしない人の家庭を、ちょっと想像してみた。途中で、彼は左、私は右に別れる。雨が少し弱まる。そのままマンションの入り口まで3分ほど、私も口笛を吹いて帰ってみた。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-15 22:52 | 日常

梅雨の合間に

a0021649_411833.jpg

朝の天気予報。今日以降、雨模様が続くので、洗濯はぜひ本日中にするように、とのこと。そのアドバイスを忠実に守って、朝から洗濯をする。その後、久しぶりのテニスレッスンへ。やや蒸し暑いが、日差しがさほど強くなかったので、思い切って2限連続のレッスンを受ける。合計3時間。たまに、こうして思い切り体を動かすのは、とても気持ちよい。

家に帰って、もう一度洗濯。そして一息ついて、仕事など細々したことをすます。夕方から、原宿まで自転車で用事を済ませに行く。3時間のテニスのあと、往復30kmのサイクリングはさすがに、少し足に堪えた。

帰り道、学芸大の古書店に久しぶりに寄る。この古書店は、お店の規模は大きくないながらも、絵本、芸術、宗教、思想、文学、落語、音楽、映画、漫画…など、幅広いジャンルの本が集められている。特に、絵本、芸術は私の欲しい本が必ず一つ、二つは見つかる。今日も、池田満寿夫さんの古い画集を一つ手に入れる。少し値段は高めだったけれど、ずっと欲しかったものだったので思い切って。その他、小説を2冊(両方とも100円)。なんと「きょうの猫村さん」の2巻が半額ほどでおいてあり驚く。まだ出たばかりでは?状態もほぼ新品。ちょうど買おうとしていたので、それも手にとる。小説のうち一冊は、友達がお薦めしていた田口ランディの本。今まで、気になりつつも手が出なかった。これを機によんでみようと思う。

帰りスーパーにて食材の買い出し。「5月30日ってなんの日か知ってる?」「誤差なしの日!」(5ゴ、3サ、0ナシ??)「違うよ!ゴミゼロの日!ゴミゼロ運動だよ。」(5ゴ、3ミ、0ゼロ??)そんな親子の会話に和む。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-14 22:50 | イラストレー ション/アート

手を動かすこと

a0021649_15291292.jpg

午前中、アトリエでデッサン。この日は裸体。大原への写生旅行が終わったばかりだかなのか、心なしか人が少ない。二つのアトリエを移動しながら、いつもより多めにデッサンを仕上げる。

梅雨入りしたとはいえ、まだ一日雨、という日は少なく、この日もテラスで気持ち良くお昼を食べる。葡萄棚の緑が瑞々しくまぶしい。この葡萄は、また夏の終わりに甘い実をつけてくれるのか、と今から楽しみになる。前日行ってきた、工房での作品を、誘ってくれた友人に見せる。友人は事情で今回お休みだったが、私の作品をみて、「自分も参加した気になった」と言ってくれた言葉がなんだか嬉しかった。

午後から、アトリエを早退して、世田谷区にある大学へ。週一回の制作実習。この日はメインの教授がお休みだったけれど、アシスタントの講師の方が、いつもより丁寧に指導してくれた。いろいろと疑問点や制作の相談にも乗ってくれてありがたい。

作業に集中していたのと、昨日の遠出の疲れもあり、家に帰るとぐったりとしてしまった。仕事前に少し仮眠をとるつもりが、結構な時間寝てしまい、焦る。起きてすぐ仕事にとりかかるも予想以上に時間がかかってしまった。それでもなんとか仕上げて安心する。阪神がサヨナラ負けしたので、この日のスポーツニュースは見ないことにして眠る。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-13 15:16 | イラストレー ション/アート

再び、F市工房へ

a0021649_15102299.jpg

月曜日のこの日は、神奈川県の端っこ、F市にある工房での制作の日。前日、いろいろと準備をするはずが、仕事がたてこんでいて全く準備ができず、そのため、朝5時に起きて、下準備をする。最近、朝5時に起きることがたまにある。どうも私にとって5時というのは、起きるのにちょうど良い区切りの時間らしく、「明日は5時に起きるのだ」と決めて、目覚ましをセットすると、どんなに睡眠時間が少なくても、ぱちっと目が覚めるのだ。今日も無事起床でき、その勢いで、お弁当用のパンも焼いてみた。

本日の工房は、前回参加の4人中、2人が不参加だったため、残り2人での参加。乗り換えのT駅では、雨がぱらついて天気が心配だったが、F駅についたときには、空が明るくなっていた。バスに乗って、更に山奥へと向かう。バスが大きな橋を渡ると、とたんに周りの景色は深い山々に代わり、見渡す限りの緑。前回、初めてきたときもそうだったが、この景色には軽い感動を覚える。肺に入る空気が、確実に違う。

工房について、先生に挨拶し、早速制作。この日は、ある目標があって制作していたため、かなりの集中モード。友人や先生とのおしゃべりもそこそこに、ひたすら手を動かす。途中、お昼休憩をとった以外は、ほとんど脇目をふらなかった。気がつくと、もう終了の時間になっていて驚く。しかし、目標もとりあえず達成。先生に挨拶をして工房をあとにする。

T駅でおりて、友人とラーメンと食べ、今日の成果について話す。なかなか思うようには行かなかったりするのだが、それがまた楽しくもある。次回は2週間後。早くもその日が楽しみなのだった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-12 22:06 | イラストレー ション/アート

vanilleで女の子モード

a0021649_1591493.jpg

朝起きると、ひどい雨。お昼より、中目黒、「passe conpose」へ。前日訪れた、「vanille」へ、再び。

前日は、私が沢山の友人を連れていってしまったことで、会場があふれかえってしまい、また、彼女のお母様や友達と、おしゃべりに高じてしまい、ゆっくりと帽子が選べなかったのだ。そしてこの日は、また友人3人と一緒に会場を訪れる。そして、前日選べなかった分、存分に帽子を選ぶことにする。

前回、一緒に展示をさせてもらったときにも、彼女の帽子は本当に素敵で、いつか欲しいなあ、と思っていた。今月は、私の誕生月でもある。そして、今年は、自分にとって、いろいろな意味で前に進めそうな年だと、希望も含め、思っている。その記念も含めて、ぜひ今回は彼女の帽子を一つ、自分のワードローブに加えたい、と展示が始まる前から思っていた。

そして、何度も、違う帽子、同じ帽子、代わる代わる被り続けた。鏡の前であわせてみて、自分の頭のサイズにあうもの、被ってしっくりとくるもの、好みの柄、普段の自分のワードローブとのコーディネート、など、あらゆる条件を頭にいれて考えて、それでも、なかなか一つに決まらなかった。それは私が優柔不断なのもあるけれど、彼女の帽子が魅力的なところによるものも、実に大きかったと思う。

結局、会場では決定できずに、かわりにコサージュを一つ、買って帰ることにする。それから、昨日買えなかったパウンドケーキも。家に帰って、このコサージュを眺めながら、珈琲をいれてパウンドケーキを食べよう。そして、その頃にはきっと、迎えることになる帽子は決まっている。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-11 14:49 | 日常

サプライズの連続

a0021649_15124263.jpg

土曜日。久しぶりのセツでのデッサンが楽しみで、遅刻しないようにいつもより早めに家を出る。大原合宿、合評会と、普段の授業から離れていたので、久しぶりに鉛筆を走らせるのは楽しかった。

授業が終わって、久しぶりに会った友人としばしおしゃべり。携帯電話も持っておらず、インターネットもしないというこの友人は、簡単に連絡がとれず、しかし会えたときには、毎回時間が足りないほど沢山のことをしゃべる。この日もそうだった。

その後、友人何人かを連れて、中目黒まで、帽子作家の友人の展示へ出かける。「butte」という名義で、オリジナルデザインの帽子を発表し続けている彼女の展示。去年の9月には一緒に展示をさせてもらったのだが、あれから9ヶ月あまり。進化した彼女の作品がとても楽しみだった。会場は中目黒の閑静な通りにある、フランスのアンティーク雑貨などが売られている小さな一軒家。その屋根裏部屋のような最上階で、展示会が行われていた。

彼女の帽子は、そのオリジナルの形と布の選び方に、魅力があるとおもっている。一見斬新なデザインや柄だとおもっても、被ってみると、自分がすごくおしゃれになったような錯覚に陥るくらい素敵な帽子。後ろの細かいデザインに凝っていたり、裏地がとてもかわいらしかったり、そどれもこれも欲しくなってしまった。会場のもの端から端まで全部下さい!などと言ってみたい妄想をするも、すぐに、それはとても大人げないことだと、妄想の上でも反省する。

今回は、お菓子職人の友人も一緒にの展示で、会場では様々なお砂糖を使ったパウンドケーキが販売されていた。中身もバラエティにとんでいて、これまた迷ってしまう。友人が買った紅茶とイチジクのケーキを一口お裾分けにもらう。美味しい!

帽子とお菓子を堪能して会場を出ようとしたとき、なんと誕生日プレゼントにと、手作りのホールケーキをプレゼントされる。これには相当驚き、少し涙ぐみそうになる。どんな歳になっても、誕生日にケーキをもらうのは、やっぱり嬉しいのだ。

夜には、友人達が集まって、6月生まれの3人の誕生会をしてくれた。恵比寿のオリエンタルなカフェで、ここぞとばかりにパクチーどっさりの料理を食べる。思いがけずプレゼントももらってしまい、嬉しさをしみじみとかみしめる。いっぱいのサプライズに心が暖まった土曜日の夜。久しぶりに終電まで遊んでしまった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2006-06-10 23:47 | イラストレー ション/アート