<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

突然の思い立ち

a0021649_18355050.jpg

朝起きて、実家に電話をかける。お中元が届いていたので、その礼を伝えるために。9時前にかけたというのに、電話に出たのは祖母で、「お母さんは?」と尋ねると、「いい所に行ったみたい。朝起きたらいなかったよー。」と、電話の向こうのにこにこが伝わって来る。話を聞くと、雨の予報を気にはしつつも、父と二人で登山に出かけたらしい。両親の登山のはまりっぷりを微笑ましく思う。

お昼頃まで高校野球の地方大会などみつつのんびりとする。そしてひょんなことから、美味しい魚が食べたいということで意見が一致し、急遽レンタカーを手配し、沼津へ出かけることに。当日に予定を決めることはあっても、こんなふうに昼すぎから少しの遠出をすることは珍しい。

東名高速に車を走らせながら、途中、御殿場でインターを降りる。ぶらり途中下車の旅さながら、一度も訪れたことのないアウトレットパークなどにふらりと立ち寄ってみる。最近のアウトレットは、いかにもアウトレットという商品だけじゃないのだねえ、などと言いながら、バーゲンで買い損ねた身の回りのものなど、少し購入。緑に包まれ、エリアをつなぐ橋の下には渓流が流れていたりして、森林浴も同時に味わう。

これまた突然決めた温泉などにふらりと立寄り、買い物疲れを癒した後、沼津へ。沼津ではちょうど夏祭りが行われており、商店街は賑やかな活気にあふれていた。おかげで渋滞にはまったのだが、車の窓から花火など堪能する。子供が商店街の出した露天の金魚すくいなどに講じており、自分が小学校の頃の夏休みの様子などを懐かしく思い出す。ラムネが美味しかったことや、型抜きがどうしてもうまくできなかったこと。型抜きという遊びは、今でもあるのだろうか。

以前に訪れた時に、価格と味とボリュームに感動した魚市場近くの定食屋へ。寿司や天麩羅盛り合わせなどで胃袋を満たす。

帰りは東名高速の渋滞にどっぷりはまり、日にちが変わる直前の帰宅にはなってしまったものの、昼に思いついた小旅行を堪能した7月最後の週末。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-07-29 18:35

梅子姫さん

a0021649_18325659.jpg

前号のクウネルにて、長尾智子さんの紹介していたレシピにのっとって、梅のコンポートをたっぷりと作ったのが6月の終わり頃。コンポートは順調に数を減らしており、コンポートを浸けてあるシロップの方も、梅の酸味が十分に染み渡って、すこぶる贅沢な味。これを最近、炭酸水で割って飲んでいる。コンポートをぐずぐずにつぶして飲むと、これがまた美味しいのだ。

記事の中で、長尾さんがコンポートの黄色いふっくらとした梅のことを、「梅子姫」と呼んでいた。黄色でまんまるの梅子姫さん達が沢山ぷかぷかとしている保存瓶を見るのは楽しい。この梅子姫さん、バニラアイスに乗せても非常に美味しいことを、先日友人宅で実証してきたばかり。

この夏が終わるくらいまでは、梅子姫さんとの蜜月は続きそう。梅子姫さん、と何度も呼んでいたら、お腹に納めてしまうのが少し可愛そうになってきた。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-07-28 18:03 | 日常

西のことば

a0021649_0514913.jpg

おやつに母から送られてきた、家の畑でとれたという西瓜を食べる。みずみずしくて美味しい。

夕方、渋谷に用事があり出かける。できることならあまり出かけたくない街。人混みの喧噪と街のなんともいえないにおいに息苦しくなる。いそいで青山方面に向かう坂を歩く。渋谷には沢山の店やデパートもあって、買い物や食事には困らないかもしれないけれど、いつのまにかすっかり苦手な街になってしまった。

用事を済ませて駅へ向かう道を友人と歩く。カルチャースクールに通うため、大阪からこちらへ毎週のように来ているという友人と話していると、すっかり私も関西弁になってしまう。母が京都で育ったこともあり、家の中で交わされる会話の単語のイントネーションは、関西よりだったのだ。今でも、関西出身の友人と話すと、とたんに関西のイントネーションに切り替わる。関西出身の人に親しみを覚えるのは、そのせいだと思う。

関西といえば、最近の阪神はすこぶる調子が良く、野球ニュースを見るのが楽しくて仕方ない。そして関東でもたまにある阪神の試合中継で、運が良くヒーローインタビューなど聞ける日には、選手の関西弁を耳に心地よく聞きながら、勝利の喜びをかみしめているのだ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-07-27 00:40 | 日常

夕立はらはらと

a0021649_15543343.jpg

関東の梅雨明けはまだなのだろうか、と思いながら窓の外をみると、強い日差し。天気予報によると30度を超える日になるだろうとのこと。朝から洗濯などすます。

午後より、久しぶりに版画工房に出かける。暑中見舞いの案など練ってみるが、雨が多いこともあって、なかなかさっぱりとした夏気分にならない。帰る頃には、なんと土砂降りの夕立。雨が止むのを待つ間、相談員の方と雑談など。相模湖近くに住むその方は、古い一軒家に自ら手を加えて住んでいるという。新しく縁側を作って、夕方を過ごすのが快適になったという話しを聞き、羨ましく思う。

夕立のあとはものすごい湿気。汗をふきふき自転車を走らす。多摩川をこえるとき、なんと橋の下で泳いでいる子供達が10名ほどいた。大丈夫なのだろうかと少し心配になる。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-07-26 15:55 | 日常

ゆっくりと

a0021649_004613.jpg

訳あって、しばらくほったらかしにしておりました。
体調が悪いのでは…と心配して下さった方ありがとうございます。

毎日を過ごす中で、食べ物を美味しいと感じたり、美しいと思うものに目をとめたり、街角で足をとめて写真を撮ったり…。
そのようなことに、少し心の余裕が回らない2ヶ月あまりでありました。
絵や文章も、無理にしぼりだしているようで、書いては消し、書いては消し。

そんなここ最近だったのですが、夏休みに入り、少し余裕がでてきたようです。

ここに目を留めて下さっている人が、どれほどいるのかわかりませんが、またのんびりと文章など綴っていこうという気になりました。古い記事ににも、少しずつ文章を添えていこうと思っております。お時間のある時にでも、どうぞ目を通してくださいませ。
改めまして、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-07-25 23:54 | 日常