<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

見知らぬ人の日常

a0021649_16445483.jpg

一日の中で、少しでも空いた時間を見つけて、読書をするのが、最近の楽しみになっている。しばらく続いていた残暑から解放され、一気に秋の空気が流れ込んで来たからなのか、その思いはここ最近、夏の頃よりも殊更に強くなっている気がする。

長編小説などじっくり読みたい気持ちもあるが、毎日の細切れの時間の中で読めるのに都合が良いと、最近はエッセイ、それも日記形式のものばかり読んでいる。ちょうど妊娠中ということもあり、よしもとばななさんのホームページの日記をまとめたシリーズの中から、妊娠発覚、その後の子育てなどのあたりを中心に。そして高山なおみさんの「日々ごはん」シリーズ。3巻あたりまでは購入して読んでいたが、いつのまにやら、もう9巻目になっているらしい。図書館で少しずつ借りては読んでいる。そして写真家の川内倫子さんの、携帯カメラによる写真と日常を記した「りんこ日記」、などなど。

どれも、ホームページに掲載された後に書籍化されているものであるが、ホームページに掲載されているものよりも、書籍になってから読むことがほとんどだ。ホームページにある日記を読めば、タイムラグもなく、著者の方の日常により親近感を覚えるのかもしれないが、やはり私は、書籍という体裁で紙に印刷された活字に愛着があり、のんびりと書籍化されるのを待つほうが良い。やはり文章は縦書きでないと、と思うのは変なこだわりか。

上記の三人の方の日記。三方がそれぞれ親しいらしく、同時期に読んでいると、それぞれの日常に他二方のお名前が頻繁に出て来る。当然私にとっては知り合いと呼べる方ではないのに、友人の友人、くらいの印象をもってしまう。「ああ、この話はあっちの本にも書いてあったな」と思うのが、まるでその場に自分も立ち会っていたかのように、「この話はあの人にも聞いたな。」というような、妙な錯覚に陥ってしまうのだ。

「日記」とは本来、自分のために書き記すものだろうけれど、ブログなるものがこれだけ浸透した今では、日記は他人に読ませるためのものになっていることに、少々戸惑うこともある。しかし、見知らぬ人の日常を覗かせてもらい、そこに、例えば同じ時期に同じ本を読んでいるなど、自分と重なる部分を見つけると、誰に話すわけでもないが、なんとなく嬉しい心持ちになる。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-09-30 15:58 | 日常

好きな街

a0021649_23425737.jpg

神田神保町は、東京の中で好きな街としてあげる場所の一つ。まず第一に古本屋、そしてアウトドアショップ、加えて雰囲気の良い喫茶店がある。その上、どれについても1つ2つではなく、相当の専門店が軒を連ねている。私にとっては一日中散策をしていても飽きない場所だが、それ故に、目的をその日のうちに全部達成することはできなくて、ああまた今度と、後ろ髪をひかれながら帰途に着くことが多い。

去年のこと、友人に誘われ、初秋に静岡県富士宮市にて行われる「朝霧JAM」という野外フェスに行く機会を得た。そして今年もメンバーは若干変わったものの、また10月の頭に朝霧に向かうことになった。あと一週間後のそのイベントに向けて、9月最後の週末に、神田神保町にてキャンプ道具などの買い出しをする。

一昨年から乗り始めたマウンテンバイク関連の用品、去年から始めた登山関連の道具を買い出しすることもあり、すっかり神保町のアウトドアショップの得意客になってしまった。アウトドアショップというのは通えば通うほど「こんな便利なものがあるのか」と発見があり、どんどんと揃えたいものが増えてしまい困る。そしてその誘惑に目をつぶることも敢えてせず、キャンプ初級の我が家にも、少しずつキャンプ関連用品が増えて来た。

「朝霧JAM」には「 It's a beautiful day」というサブタイトルがついている。去年の二日間はこれ以上ないくらいの晴天で、富士山に初冠雪が降り、夕方には赤富士が見えた。夜には富士山の真上に月がぽっかりと浮かび、それは美しい夜だったのを覚えている。今年も「 It's a beautiful day」と言えるような二日間になるよう、せめて雨が降らないように今から一週間祈ろうと心がける。

この日神保町から帰るとき、もう一つ神保町の好きなところを思い出した。白山通りを竹橋方面に向かって下り、毎日新聞社のビルに沿って曲がりしばらく進むと、竹橋ジャンクションのあたりに出る。高速道路のジャンクション下から見上げた、複雑に重なるカーブラインが、私はとても好きなのだった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-09-29 18:36

トコトコ図書館

a0021649_1322552.jpg

このところ、図書館通いが続いている。本好きは今に始まったところではないが、家からさっと歩いていける範囲に図書館がないのと、外出すると必ずどこかの本屋に寄ってしまう日常が合わさって、今までは図書館にて本を借りてくるよりも、本屋にて気に入った本をさっさかと買ってきてしまうことの方が多かった。

それが何故図書館通いをするようになったかというと、理由はいくつか。一つは、どんどん増える蔵書の置き場に困り、また買って1度読んだ後、もう二度と開いていないような本に申し訳なく思ったこと。ひどいときには買った事すら忘れて、ある時掃除の最中にふと見つけたりする。買われた本に対して失礼千万なことだと反省した。それならば借りてきて読んだほうが、本のためにも、また対荷重が無制限ではない我が家の床のためにも優しいのではないか。
もう一つの理由については、そんな理由で、と友人には笑われたものだが、今年からぐんと上がった税金の額に驚愕し、それならば、せめて公共機関をできるだけ利用しようじゃないか、と思ったことである。

図書館にお世話になるようになってから、本屋に赴いても、レジまで行く回数がぐんと減った。ああこれ欲しかった、と思う本があっても、レジに行く前にまず一呼吸置く。一呼吸の後、もう一度店内を回って来たりもする。そうして後、どうしても自宅に連れて帰りたいと思えば、そのとき初めてレジへ向かう。

川崎市は、都内などの図書館に比べて蔵書の量が少ないのか、図書館に赴いても目当ての本を借りる事ができる機会は少ない。それならばと予約することにして、思いつく本を検索してみたところ、意外な本も置いてあるものである。雑誌の取り扱いも増えているようだ。惜しむらくは、出版されたばかりの人気本などには予約が何十件とあり、借りることができるのは当分先になるだろうことである。

それならばと、誰も借りなさそうなマニアックな本を検索してみると、すんなりと予約ができる。そうして、図書館からの「ご予約資料が用意できました」とのメールが来るのを、借りて来た本を傍らに置き、その中の一冊を読みながらのんびりと待っていたりするのは、なかなか楽しい時間であるのだと気付いた。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-09-27 11:56 | 日常

つくること、食べること。

a0021649_2140240.jpg

1ヶ月に一度知り合いのお宅で習っている日本料理。8月はお休みだったので、2ヶ月ぶりの教室。「長月の日本料理」のメニュ−は、
・生椎茸の酒蒸し
・秋刀魚の炊き込み高菜飯
・蒸し鶏
・秋野菜の胡麻酢和え
・ささみの果実和え
の5品。

生椎茸の酒蒸しは、酒蒸しにした生椎茸を、とろろ昆布と一緒に頂く。
秋刀魚の炊き込み高菜飯は、一度よく焼いた秋刀魚を、土鍋で高菜、人参、生姜の千切りなどと一緒に炊き込み、炊いたあと身をほぐして、混ぜ込むもの。普段は塩焼きにすることが多い秋刀魚を、このようにしてちょっと手間をかけて使うと、おもてなしにも良い。そのまますだちなどを絞って食べても美味しいのだが、サニーレタスに巻いて、コチジャンを少し塗って食べると、また違った赴きの味になる。
蒸し鶏を蒸すのにはこつがあって、ただ蒸篭で蒸すのではなく、鶏を入れた少し深めの容器に、酒と水同量をひたひたにいれ、そのままラップをかけて蒸篭で蒸す。そうするとぱさぱさにならないのだ。
秋野菜の胡麻酢和えは、胡瓜、赤ピーマン、糸寒天を同じくらいの大きさの千切りにして、胡麻酢で和える。糸寒天の歯ごたえが良い。
ささみの果実和えは、一風変わったメニューで、とりささみを霜降りにしたものに、巨峰やマスカットなどの皮を向いたものと、梨と大根をすりおろして酢で味を整えたものと和えて頂く。少しデザートよりのメニュー。最後の口直しに。

日本料理を作っていて思うのは、本当に下ごしらえの時間が長いということ。食べるのはあっという間だけれど、やはり材料の切りそろえ方ひとつとっても、丁寧に下ごしらえした材料は、見栄えもよく食欲をそそる。また盛りつけ方や器の選び方にも、気を配ることが必要。

自宅では、なかなか先生のところのような器がないので、テーブルセッティングをそのまま再現するのは難しいのだが、自宅にある器をなんとか駆使して盛りつけてみる。いつもはさっと出来る献立のほうが重宝されることが多い我が家でも、たまにこうして手をかけて気を配って作った献立はひときわ美味く、少し涼しくなった夜の静けさも合わさって食が進むのだ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-09-26 21:21 | 日常

中秋の名月

a0021649_0345963.jpg

多摩川からの帰り道、見上げた月がずいぶんと綺麗だなあと思いながら歩く。今宵が中秋の名月だということを、帰ってから知った。そういえば、つい先日森美術館にコルビジェ展を見に行った際に、展望台にススキや秋の草花などが飾られていたことを思い出す。

ちょうど親戚や両親から、果物が立て続けに送られてきたので、届いたばかりの大きな梨と巨峰にだんごを添えて、ベランダに供えてみる。月は、帰りに見たときよりも高く高く上がっており、しばしベランダにて月見をする。

窓から聴こえてくる秋の虫達の声に耳を澄ませていたら、夜の散歩に出たくなった。お供えのだんごを一つ、鞄にしのばせて出かける。マンションの入り口まで来ると、ちょうどマンションの真上に月が高く登っていた。写真を撮りたくなり一旦部屋にカメラと三脚を取りに戻る。

カメラと三脚を小脇に抱えて戻って来る頃には、月は更に高く登っていて、手持ちのレンズで写真に納めるのには小さすぎるとがっかりする。目で見ている方が綺麗だと思いながら、マンションの明かりと月をカメラに納め、持って来ただんごを齧りながら、満足して部屋に戻った。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-09-25 23:16 | 日常

うぶごえの部屋

a0021649_8244348.jpg

赤ちゃんができたかもしれない…と思って初めて診察を受けてから、4ヶ月を過ぎるまでは、家から歩いてすぐの総合病院に通っていた。自宅で仕事をしながらだったので、できるだけ近いほうが良いと思ったのと、なにかあっても歩いていけるからと、それくらいの単純な理由で決めた。先生も決して悪い先生ではなかったのだが、小さいことだが、少しひっかかるところがあり、3ヶ月をすぎたあたりから、少しずつ、最終的に産む場所について、考えるようになってしまった。

本来なら、最初に見てもらった場所で最後まで産むのが良いのではと思ったが、検診にいく度に、少しのしこりを抱えたまま、あと6ヶ月あまりを過ごすことに不安を感じ、転院を考えるようになったのが8月の終わり頃。転院先は、ほぼ決めていた。7月に出産を終えた友人が産んだ助産院の話を時々聞いていて、それがとても印象が良かったのだ。

初めて見学に行ったのが8月の終わり。電車とバスを乗り継いで行ったそこは、スタッフの方もとても感じがよく、実際に産む部屋や入院する部屋も見せて頂いた。どちらも普通の畳敷きの和室で、産む部屋には「うぶごえ」という名前がついていた。ここで産声をあげた赤ちゃんがどれほどいるのだろうと、幸せな家族の姿を想像する。

一通り施設を案内して頂いて帰る頃に、責任者のスタッフの方に「今度マタニティクラスがあるから、ぜひ来てみたら?」と、元気よく声をかけられる。予約をいれてその日は助産院を後にした。帰りの電車の中で、ちょうどその助産院で産んだばかりの友人から偶然にもメールが届く。産まれたばかりの赤ちゃんは、お父さんに似てもりもり食べる元気な子だという。まだ会ったことのない、おなかの赤ちゃんの同級生になるその子を想像して、自然と顔がほころんだ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-09-08 07:10 | 母になること

こんにちは、ようこそ

a0021649_0305471.jpg

セツ・モードセミナーの夏休みが明け、時間を見つけては四谷三丁目にあるアトリエに足を運ぶ日々が始まった。普通なら2年で卒業するこのアトリエに通い始めて、もう4年半が過ぎた。今では、顔見知りの友人も少なくなる中、久しぶりに顔を会わせる友人達と久しぶりの挨拶を交わしながら、この夏のことなど話す。

最近、友人と久しぶりに顔を合わせては、伝えていることがある。それは、お腹に新しい命が宿ったという報告。ちょうど5ヶ月半ばほどに入ったということを、外から見ても少し目立つようになってきたお腹をさすりながら伝えると、みな自分のことのように笑顔になってくれるのが、本当に嬉しい。

当たり前のことだが、全てが初めて体験することばかりで、戸惑うこともあれば、笑顔になったり、不意に涙がにじむこともある。早くもこの小さな命に、こんなにも感情を揺らされていることを思い、無事にこの世に産まれ、生活を共にするようになる日々のことを想像すると、その日がどんなにか楽しみで仕方ないと、今は思う。

予定日を聞いたとき、まだまだ先、というよりも、そんなにも早く産まれるのか、という驚きのほうが大きかった。それまでに自分の母親になる準備ができるのか、少し不安でもあるのが正直な気持ち。40週で産まれてくるというこの子がお腹に宿ってから、もう折り返し地点の少し手前まで来た。目まぐるしく過ぎるこの期間のことは、忘れないためにも、これから少しずつ記録していこうとも思う。

今はただ、私のところにやってきてくれてありがとうという気持ちでいっぱい。ようこそ、赤ちゃん。早くあなたの笑顔に会えますように。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-09-07 00:00 | 母になること

この夏のこと

a0021649_2351167.jpg

朝起きてから寝る間際までうるさく耳にまとわりついていた、ジイジイと鳴く油蝉の声が、いつのまにかミンミン蝉に変わり、それがオーシツクツクという独特なあの声に変わったかと思ったのが8月の終わり頃のころ。ここにきて、夜、窓から聞こえてくるのは、リンリンという涼しげな音色に変わっていた。もう、秋の始まりなのだと気付く。

「この夏はどこか旅行に出かけましたか?」という知人達の問いに、「いえ、特に」と答えては、この夏がふるった猛暑をお互い振り返る。しかし、何もしなかったのかというと、そういうわけではなく、日比谷野外音楽堂でのライブを楽しんだり、花火大会に3回も出かけたり、電車に乗って海まででかけ、少し足を伸ばしてその先の島の頂上まで上がってみたり、野球観戦に出かけ、思う存分声を張り上げて応援したり、長瀞から取り寄せたという天然氷を使ったとびきりのかき氷を食べに少しの遠出をしたり。思い返してみると、十二分に、夏らしいことを堪能しており、もう夏が終わったことを、今更ながら少し寂しく思う。

夏が終わると、なんだか今年もあっという間だねえ、という会話を知人と交わし、「まだ早いよ」などと諌められるのも、この頃のこと。

西日本では未だに猛暑の日々が続いていると報道される夜、関東では久しぶりの大型台風上陸のしらせ。久しぶりにゆっくり浴槽にでもつかって、早めに寝ることにする。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-09-06 22:37 | 日常