<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

都内紅葉散策

a0021649_2052922.jpg

映画の日がめずらしく土曜日にあたったので、見そびれていた「めがね」を観に、朝早く六本木の小さな映画館まで出かける。「めがね」の舞台は、ある南の島。ちょうど沖縄に行って来たばかりということもあって、画面に映る景色が懐かしい。そして、「めがね」を見たたいていの人が持つ感想と同様、おいしいご飯が食べたくなる。日々の雑事に追われる中、食事を毎日きちんと作る事というのは、なかなか実際には実行できていないけれど、休日に時間があるときなどきちんと料理をすると、それだけで心が豊かになる。

映画を見終わった後は、いちょう祭りを見に、神宮外苑の銀杏並木まで歩く。都内の銀杏は12月に入ってから一気に黄色くなったようで、銀杏並木の木々も、真黄色に染まった葉のついた枝を空高くまで伸ばしていた。いちょう祭りでは物産展なども開催されているので、りんごなどお土産に買う。

この日は都内を歩いて見ようと決め、いつも鞄にいれている文庫サイズの地図を取り出す。目的地は上野。外苑から四谷の迎賓館のほうに抜け、そのまま四谷から外堀通りを通って、市ヶ谷まで。途中、靖国通りに折れ、靖国神社前を通って、九段下、神保町へと向かう。神保町にて寄り道したい気持ちはあったが、古本を見ていたら日が暮れてしまう。ぐっとこらえて、お茶の水方面へ。

ここからは歩いたことのない道で、地図と道路標識を照らし合わせながら歩く。まず聖橋を渡り、湯島方向へ。途中で秋葉原電気街の方に折れたのは、少し失敗。華美な電飾と人の多さに辟易する。それでもなんとか歩いて、ようやく目的地の上野まで辿り着いた。

上野ではスポーツショップに辿り着き、目的のものをいくつか購入。その中には万歩計も含まれている。出産まで、自転車に乗れない代わりに、なるべく歩くことをしようと思う。もともと歩くことは自転車と走ることの次くらいに好きなのだが、モチベーションを保つためにもきちんとした万歩計を身につけようと決めたのだ。この日歩いた歩数が測れないのは残念だったけれど。

帰りはさすがに疲れて、電車にて帰宅。いつもは地下鉄にてあっという間に辿り着いてしまう都内を、自分の足で歩くのは面白かった。ちょうど紅葉も真っ盛りで、いろいろな箇所で堪能できた。家に帰って距離を測ると大体10km。地図好きとしては、こうやって自分の歩いた道を地図上で復習するのが、何よりの楽しみなのだ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2007-12-01 20:13 | 日常