<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

少しずつ

a0021649_203027.jpg

2ヶ月半を過ぎて、nonoが出来ることが少しずつ増えてきた。一番良くする仕草は、手をちゅぱちゅぱとしゃぶること。ちょっと前までぐーにしたまま口の中に入れていたのが最近は指一本二本になり、それをくわえている仕草はとても可愛らしい。時々、ぐーにしたこぶしを目の前に出して、じっと見ている仕草もする。ハンドリガードと呼ばれるものの一つらしい。ベッドメリーをみて、興奮しながら手足をばたばたさせるのは相変わらずで、最近は、表情もとても豊かになってきた。今までは反射で笑っていたのが、最近はあやしているのに反応して笑ってくれている気がする。

ここ最近で、近所のママ友達がとても増えた。同じマンションの人だったり、近くに住んでいる人だったり。子供ができる前は、あまりマンション内やご近所でのつきあいはなかったのだが、子供ができたことで、新しい人間関係が出来て行くのは嬉しいことだと思う。天気の良い日に近所をnonoを抱いて散歩することが増えたので、今までは通らなかった路地などに新しいお店を発見したりもする。買い物に行くと、今までは自分のもの中心に見ていたのに、今ではすっかりベビー用品が中心になっている。

今年の1月の頃のことを振り返り、まだ出産前のことなのかと思うと驚く。それからまだたったの3ヶ月しか経っていないのに、私のお腹にいたnonoは家族の一員になり、その小さかったnonoはどんどん成長して、出来ることが少しずつ少しずつ増えている。その一つ一つを私は見て行くことができるのかと思うと、本当に楽しみでならない。これからいくつもの感動をnonoは与えてくれるのだろうか。nonoと一緒に暮らすようになって毎日はめまぐるしく過ぎて行くけれど、大変なことよりも楽しいことのほうがずっと多い。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-04-16 01:38 | nono..2month

おともだち

a0021649_13571894.jpg

友人夫妻が、8ヶ月と少しの赤ちゃんを連れて、我が家まで遊びに来てくれた。助産院でまだnonoが生まれたばかりのときに会って以来だったので、とても嬉しい訪問。

この友人とは、ちょっと不思議なつながりがある。ちょうど一年前くらい、当然私がまだ妊娠の兆しもない頃、妊娠中の彼女が遊びにきてくれたことがあった。大きなお腹をなでながら、赤ちゃん楽しみだね〜早く会いたいね〜などと言って、自分のことのように楽しみにしていたのだが、その日から一ヶ月後くらいに、なんと私の妊娠が発覚した。安定期に入って早速彼女に報告するととても喜んでくれ、臨月でまんまるのお腹の彼女と、まだお腹の中で数センチの赤ちゃんを宿した私と、二人で赤ちゃんがやってくる喜びを噛み締めていたのを覚えている。

それから数週間の後彼女は元気な赤ちゃんを産み、妊娠中の彼女に助産院での検診の話などを聞いていた私は、彼女が出産した「バースあおば」に興味を持ち、見学の後に同じ場所で産むことを決めたのだ。

そして入院中に泊まっていた部屋も彼女と同じ部屋。部屋に置いてあった出産の感想を書くノートには、彼女のコメントも書いてあり、入院中にそれを読みながら改めてじーんと感動したのもつい最近のこと。

彼女のお腹にいた赤ちゃんはすっかり大きくなっていて、それだけでも本当に感慨深い。nonoとこの子は、お腹にいる間におしゃべりをしていたかもしれないなあ、などと思う。nonoと並べてみるととてもお兄ちゃんに見えるけれど、この子とnonoは同級生になるんだと思うとなんだか不思議な感じ。nonoを見た彼は不思議そうに触ったり、笑いかけたりとっても可愛い。nonoも初めてのお友達が出来てご機嫌。

自分が妊娠、出産してから、急に妊婦の友達や、ママ友達が増えた気がする。nonoにもこれから、沢山のお友達ができるといいな。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-04-04 13:34 | nono..2month

ベッドメリーにご機嫌

a0021649_2256434.jpg

最近のnonoは、まだ首がすわらないながらも、首を右に左に動かしてキョロキョロとまわりを見回したり、人の顔をじっと見て目で追ったりもする。そろそろ、ベッドにつけるおもちゃのようなものが欲しいなあと思っていたところ、タイミングよく友人からベッドメリーを貸してもらえることになった。

友人のそのまた友人の方から順番が回ってきて届いたそれは、外国製のとてもかわいらしいもの。バッハ、モーツアルト、ベートーベンの曲が流れるようにもなっている。飾り部分にしましまやうずまき模様が使われているのだが、あとで聞いたところによると、しましまやうずまきは赤ちゃんの目を引きつけるらしい。よく考えて作られているのだなあ。

届いたばかりのメリーを早速ベッドに付けてみると、nonoは予想以上に反応してくれて、手足をばたばたと動かしたり、あー、うーなどとおしゃべりしたりする。足を勢い良く蹴るので、かけてある布団がいつのまにかすっかり足下にはだけてしまうくらい元気にはしゃぐ。こんなかわいらしいメリーを貸してくれた友人に感謝!それにしても、ベッドメリーから流れる音楽を聴いていると、ばたばたとはしゃぐnonoとは対照的にこちらのほうはうとうとと眠くなってしまう…。

2ヶ月を迎えて、最近は本当に表情がでてきて、nonoを見ているだけであっという間に時間が経ってしまう。最近nonoができるようになったことは、自分の手をぐーにしてしゃぶったり、人差し指をくわえたりすること。これから少しずつ出来ることが増えていくのだと思うと、本当に楽しみ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-04-03 22:34 | nono..2month

春を味わう

a0021649_0412817.jpg

4月になり、陽気もすっかり春らしくなり、暖かい日が増えてきた。最近は天気の良い日はnonoを連れて近所まで散歩に出るのが日課になっている。小さいnonoにも、春の空気は感じられているだろうか。キョロキョロと周りを見回す姿はとても可愛らしい。

いつも行く八百屋でも最近は春の野菜が多く売られている。春野菜にアクが強いものが多いのは理由があるらしく、それは、冬の間あまり動かさずにいた体にたまった毒素を排出するためや、冬の間に緩んだ体をしゃっきりと目覚めさせるためだという。ふきのとうやたらの芽などが彩りよく店先に並んでいるのを見ると、春が来たのだなあと思う。

その八百屋で、独活を買ってきた。独活と浅葱と鶏ささみの和え物を作ろうと思い台所に立つ。ささみはさっと湯がいて霜降りにし、冷水にとってさましてから小口切りに。独活は柔らかい身の部分を小さめの乱切りに。浅葱はさっと湯がいてあおいで冷まし、3センチほどに切る。それらを、西京味噌に卵黄と酒を加えて練った黄味味噌に、酢と和からしを加え味を整えたもので和える。独活の独特の苦みと食感が良く、浅葱の苦みも霜降りにした柔らかいささみも、卵黄が入ってまろやかになった黄味味噌に良く合う。独活が出るこの時期ならではの献立。浅葱の緑、独活の白、黄味味噌の黄色がまたとても春らしいのだ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-04-02 00:16 | 日常