<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

トコトコ散歩

a0021649_020206.jpg

最近は雨の日が多く、いよいよ梅雨入りも近いかと少し憂鬱になる。子供が出来て、さすがに愛用のマウンテンバイクにはしばらく休息してもらっているこのごろ、私についている2本の足が毎日のようにせっせと働いてくれる。この2本の足、幸いにして比較的丈夫に出来ているようで、地図を持ちながらてくてくと散歩していると、どんどんと距離を伸ばしてくれる。

散歩の途中に訪れた本屋さんにて、新しい地図を買った。今までは都内を散歩することが多かったので、文庫本の東京23区を中心とした地図が必携だった。最近の散歩といえば家の周りやその周辺が多いので、川崎、横浜を網羅した比較的コンパクトな地図にした。「街の達人」というこの地図。コンビニ、ガソリンスタンドなどはもちろんのこと、ちょっとした専門店などもロゴマークになっていて、施設のバリアフリー情報なども掲載されている。文字も大きくとても見易い。地図を見るのが好きな私にとっては、どこかへ行く目的があるわけでもなく、ただひたすら地図上の道を辿って行くのが面白くてならない。

「どこかへ行くの?」と聞かれて「行かないよ。地図見てるだけだよ。」と返答する私に、家の人は不思議そうだ。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-05-30 20:13 | 日常

もう4ヶ月

a0021649_1604559.jpg

nonoが産まれてから、もう早いもので4ヶ月が経った。3ヶ月検診も無事に済んで、発育も順調とのことで安心する。3ヶ月を過ぎるとだいぶ楽になるよ、と友人からの言葉通り、2ヶ月半をすぎたあたりから、夜はしっかり寝てくれるようになり、3ヶ月に入ってからは、夜と昼の区別が完全に付いたようで、私も自分のことができる時間が少し増えた。といっても、たまった雑事であっという間に時間は過ぎるのだが。
それにしても、ここ1ヶ月は本当に成長したなあと思う事が多く、もう新生児の頃のふにゃふにゃした赤ちゃんの姿は、はるか昔のことのように思う。

先日、産まれたばかりの友達の赤ちゃんに会いにいってきた。友達に抱かれた赤ちゃんは、それはそれは小さくて、nonoがこんなに小さかったときのことなどもう想像できないと言っては、友達に笑われる。でも、本当にわずか4ヶ月前のことだというのに、nonoにもこんなに小さなときがあったのか?と、もう思い出せないことに自分でも驚く。入院中にお見舞いに来てくれた、もうママになっている友人達が口を揃えて「こんなにちっちゃかったっけ??」と言っていたのが分かる気がした。


最近のnono。
首が完全にすわってきた。
うつぶせにすると首をしっかりと持ち上げて、手足もばたばたと良く動かし、今にも前に進みそう。
大きな声を出してアピールするようになった。
あやすと良く笑うようになった。
自分の周りにあるものに、どんどん手を伸ばして掴んで遊んだり、口に入れようとする。
夜は8時から9時の間には眠り、そのまま朝までぐっすり。
ベッドに寝かしていると、いつのまにか90度回転している…。

来週にはBCG予防接種がある。初めての注射、nonoはどんな反応をするのだろう…。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-05-29 15:48 | nono..4month

また森へ

a0021649_13395553.jpg

一週間前に道志の森キャンプ場で、【Natural High!】を楽しんできたばかりだというのに、久しぶりに新緑に囲まれた中で過ごしたことがあまりにも楽しかったので、一週間後にまたもや道志川のあたりまで遊びに行って来た。

この日行ったのは、「藤野ぐるっと陶器市2008」というイベント。毎年この時期に、神奈川県の端っこ藤野町にて行われている、地元の作家さん達による陶器市。私が藤野という町を知ったのはちょうど2年前のこと。友人に誘われて、藤野芸術の家という施設で行われている銅版画のワークショップに参加したのが始まり。それから、この緑に囲まれた町をすっかり気に入ってしまい、イベントやお祭りがあれば参加していた。去年は妊娠していたこともあり、あまりイベントに参加できなかったので、久しぶりの藤野。しかも一番きれいな新緑の時期。nonoを連れて行けるのが楽しみで仕方なかった。

朝、家を出たときに降っていた雨も、会場に着いたとたんに止んでくれ、それからはずっと太陽が顔を出していた。会場の地図を頼りに、1つ1つアトリエを回って行く。藤野は芸術の町で、この町に移り住んで、自分で小さなアトリエを構えて暮らしている
作家さんも多い。暮らしと創作活動が一緒になったようなそんな暮らしにとても憧れる。訪れたアトリエはどれもとても素敵だった。

あるアトリエに立ち寄った時、綺麗なお母さんとかわいい4人のお子さんを見かける。良く見ると、雑誌などで時々見かけるモデルさんだった。そういえば、4人のお子さんがいて、藤野町に移り住んでいると聞いたことがあった。こんなところで会えるとはとびっくりする。こんなところで子育てが出来たら子供はきっとのびのびと育つのだろうなあと思う。

会場の1つである篠原の里に立ち寄り、自家焙煎珈琲の看板を見て立ち寄ると、なんと一週間前に「Natural High!」にて施術してもらった整体師さんのお店だった。整体はもう終わっていたのだが、奥様が珈琲屋台を出されていた。思いがけない再会に驚く。整体屋さんの住所が藤野に近いなあとは思っていたのだが、まさか会えるとは思っていなかった。顔を覚えていてくれて、いろいろと話が弾む。篠原の里は、廃校になった篠原小学校を利用して、NPO法人としていろいろなワークショップを行っている場所。この日は石釜で焼いたピザを頂ける喫茶コーナーなどがあり、整体師さんの奥様にいれて頂いた珈琲と共に頂く。

目当ての陶器も、気に入っていたものがいくつか買えて大満足。藤野の新緑を堪能した上、素敵な出会いもあり、大充実の日曜日となった。
[PR]

by BLOSSOMS_0606 | 2008-05-25 13:11 | nono..3month

森の中で遊んだよ

a0021649_23282514.jpg

去年の10月、朝霧JAMに行ったとき、nonoはまだお腹の中にいた。緑に囲まれた空気の良い場所でのライブやワークショップはとても楽しく、いつかnonoを連れて野外フェスに参加したいなあと思っていた。そして、その希望は思ったより早く実現することに。

友人から「 Earth Day Camp Natural High!」という野外フェスのお誘いがあったのはまだnonoが2ヶ月くらいのこと。さすがにまだ無理かと思い一度はあきらめたのだが、ここ最近首もしっかりと座って来て夜もぐっすり眠ってくれているnonoを見ていたら、行けるかもしれない…という淡い思いが。そして旦那さんと良く相談した結果、思い切って参加してみようということになった。

nonoの持ち物だけは忘れないようにと、荷造りの際には入念チェック。寒くないように防寒を考えたり、おむつや着替えの準備もしっかり。そして土曜日の朝自宅を出発し山梨県道志村に向かう。道路は以外とすいており、nonoもぐずることなくあっという間に到着。そしてテントやタープなど設営。早速nonoにもきちんと日焼け止めを塗って、抱っこ紐で抱いて散歩してみると、緑の中をきょろきょろして見ている。

午後から始ったライブでも、nonoは大きい音にびっくりもせず、抱っこ紐に抱かれたnonoの手をとってリズムをとると、とても楽しそうに笑い、ご機嫌。ドラムサークルのワークショップでマラカスを握らせたら、nonoも一緒にふって輪の中に参加していた。今までの野外フェスに比べたら、人混みというほどの人数でもなく、ゆったりとしていて子供連れも多い。ベビーカーでnonoを連れていると、何人かベビーカーとすれ違った。小さな子供さんを連れているお母さんとは会話も弾む。nonoを見て、話しかけてくれる人達も沢山いて、思い切ってきてみて良かったなあと思う。心配していた夜も、nonoは家と変わらずぐっすりと寝てくれた。

途中、雨が降ったりもしたけれど、緑に囲まれた森の中のキャンプ場で、良い空気を吸ってライブをみたりワークショップに参加したり、森の中で整体をうけたり、とても楽しい二日間だった。帰りの車の中でもnonoはぐっすり。心配していたトラブルも何もなく、良い思い出ができた。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-05-18 23:08 | nono..3month

初めての母の日

a0021649_20505379.jpg

5月にしては寒い日曜日。お食い初めなどの行事も無事済んで、nonoと十分に遊んでくれた義父母は午前中に帰っていった。またしばらく会えないかと思うと、私もとても名残惜しかった。こういうとき、やはりお互いの両親は近いに越したことはないなあと思う。寒い雨の日なので、一日家で、家事や仕事をしながら過ごそうと思っていたら、突然旦那さんから「今日は初めての母の日だよ」との言葉。nonoが産まれたと同時に、私もお母さん1年生になった。そんな私にとって、これから母の日は祝われる日にもなるのかと、ちょっと嬉しく思う。

夕方よりだんなさんが予約してくれたお店へ、nonoも少しおめかしして向かう。駅から少し歩いた住宅街にあるそのお店は、兄弟がやっているイタリアンレストラン。混む前にと思い開店してすぐに入ったのだが、既にほぼ満席。みんな家族連れで母の日をそれぞれ祝っているよう。地元に愛されているお店なのだなあと思う。nonoが産まれてから、ゆっくりと3人で外食したことはなかったので、なんだか感慨深い。

母乳のためにと、なるべく甘いものは控えていたけれど、この日は食後にキャラメルアイスをご褒美に。お母さんになってからまだ3ヶ月だけれど、日々の育児を労ってくれたのが嬉しかった。こうやって家族でお祝いできる日が1つ増えたことは幸せなこと。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-05-11 20:39 | nono..3month

お宮参りとお食い初め

a0021649_091391.jpg

あいにくの雨の降る土曜日、nonoの三ヶ月を祝って、初宮参りとお食い初めの儀式をする。両方の両親にも来てもらい、nonoは久しぶりに4人のおじいちゃんおばあちゃんに囲まれて嬉しそうだった。

私はといえば、朝から美容院にいって着付けをしたり、料理の下ごしらえをしたりなどと、なんだか慌ただしくしてしまう。それでも、神社にてnonoが健やかに育つようご祈祷をしてもらったり、家族皆で写真館で記念撮影をしたり、自宅に帰って落ち着いてからは、代わる代わるにnonoを抱いてもらって写真を撮ったり、とても思い出深い一日となった。nonoの成長を、両親たちが喜んでくれるのが、何より嬉しい。

小さなnonoに、代表して私の母がおかずを少しずつ箸にとって食べさせる真似をすると、nonoはなんだか神妙な顔をしている。梅干しを唇にそっとつけたときは、いやだぁという顔をして皆を笑わす。

皆でいろいろな話をしながら、両親達は、私達の赤ちゃんだった頃の話などの思い出話に花を咲かせたりもする。父親から私の小さい頃の話を聞くことは今まであまりなかったので、嬉しくもすこしこそばゆい。私がnonoと同じくらいのときの写真を持って来てみると、nonoにそっくりだと言われる。赤ちゃんはどんどん顔が変わるとは言うけれど、よく見ると本当に自分の小さい時の写真に似ていて驚いた。

雨は一日降り続いてしまったが、夜になるまで皆がnonoを囲んで、笑顔が絶えない日になり、なんとも思い出深い一日となった。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-05-10 23:59 | nono..3month

3ヶ月をすぎました

a0021649_12125050.jpg

気がつけばもう5月。毎日があっという間に過ぎていって、nonoはあっという間に3ヶ月を迎えた。そして5月7日は、nonoが産まれてちょうど100日目。生後100日には「百日(ももか)の祝い」と言って、お食い初めの儀式などするのだけれど、次の週末に両親達を招待して、まだしていなかったお宮参りとお食い初めの儀式を両方することになっている。

3ヶ月を過ぎたnonoは、ぐんぐんと成長していて、毎日のように私達を楽しませてくれる。そして2ヶ月半を過ぎた頃から夜も8時間くらいしっかりと寝てくれるようになり、夜中の授乳がなくなったのでだいぶ楽になった。昼間も、nonoはあまり泣かない。性格がおっとりしているのかなあと思う。そのおかげで外出もし易く、比較的外に連れ出している方だと思う。沢山の友達に会ってもまったく泣いたりぐずることもなく、おとなしく抱っこされている様子を見るとこの子は社交的なのかなあなどと思ったりもする。

最近は首も完全ではないけれど座って来た。自分の周りにあるものは何でもつかんで口に入れようとする。右手と左手を胸の前に持って来て、くんだり指をひっぱったりして、よく遊んでいる。手足をかなり勢い良くばたばたと動かす。うつぶせにすると、かなり長い時間首を持ち上げていられるようになった。まだ声を出して笑うところまではいかないけれど、かなり楽しそうに大きな口をあけた表情で笑う。

この間は久しぶりに美容院に行った。お世話になっている編集さんのご厚意で、編集さんのご友人の美容師さんのところでお願いする。髪を切っている間、スタッフは総出でnonoを可愛がってくれた。抱いたり、ベビ−カーを揺らしたり、声をかけたり。実は、ディレクターの方のお子さんがnonoと4日違いで産まれているということで、スタッフもみな赤ちゃんに慣れているよう。授乳ができる個室もあってトイレにはオムツ替えシートまであるという、ママさんにとても優しい美容院。nonoを家に置いての美容院は気になってなかなか行けないなあと思っていたけれど、こんな美容院ならnonoを連れていっても安心だ。久しぶりにマッサージなどもしてもらえて、だいぶリフレッシュできた。

おまけの写真です。
[PR]

by blossoms_0606 | 2008-05-09 11:55 | nono..3month