人気ブログランキング |

夜の隙間

a0021649_18305099.jpg

最近、決まった時間になるとすとんと寝付いて、朝まで眠るようになった娘を見ていると、体内時計というのはいつ頃から作られるのだろうと思う。2、3時間はずれていると思われる自分の体内時計を正常な時間に戻したい。朝が気持ちよくなってくるこれからの季節、早寝早起きの習慣を身につけたいと毎年のように思うが、なかなか実現しない。

ぐっすり眠る娘のおかげで、夜、少し自分の時間が持てるようになった。久しぶりに絵具を出して絵を描いてみたり、本を読んでみたりする。

好きな随筆家の文章は、一気には読まない。一つの章が終わると、そこで一端、頁を閉じる。一つの章をじっくりと味わいたいのと、読み終えてしまうのがもったいないため。そんなわけで、残りの頁が少なくなると、心細くなり落ち着かない。もうすぐ終わってしまうことがどうにも寂しく、このまま読み進めたいような、そうでないような。

時間の使い方があまり上手くなく、一日が終わる頃、ああすれば良かったこうすれば良かったとくよくよと後悔する。昼間だらんと過ごしてしまったくせに、夜になって急に背中の螺子が巻かれたりもする。急に台所の汚れが気になり、磨き粉で磨き始めるのは決まって日付が変わる頃。太陽の高い頃にすれば良いのにという家人からの視線を受けながらも手が止まらない。綺麗になって満足する頃には、すっかり目もさえている。

布団に入って、また随筆の続きを読んだりする。寝る前の読書は安眠のためには良くないとどこぞで読んだにも関わらず、この習慣もなかなか止められない。これでは体内時計も戻りようがない。目も悪くするだろうと言われているのに、視力だけは人に自慢できるくらい良いのをまた驚かれたりする。

そんなことをつらつらと考えながら、時計を見ると日付が変わろうとする。33回目になる誕生日の日が終わろうとしていた。

by blossoms_0606 | 2008-06-06 18:20 | 日常

<< 山のぼりおり 寝返りできたよ! >>