人気ブログランキング |

新しくやってきた

a0021649_0183286.jpg
NIKON D200/Nikkor 50mm F1.4

ただ写真を撮るのが好きということだけで、カメラについての詳しいことは全然わからない。専門的に勉強したことも一度もない。最初に一眼レフをさわったのは、父親から譲りうけたMINOLTA SRT101。デザイン事務所に勤め始めた頃少し写真に興味を持ち、ふと実家の部屋に父が昔使っていた一眼レフがあることを思い出した。父に尋ねてみると、使えるよとのことで、早速フィルムを入れて使ってみる。今から10年前くらいのことだけれど、それまでは使い捨てカメラのようなものを使っていたので、それからするととんでもない飛躍。綺麗にボケ味がでた写真がとれることにひどく感激した記憶がある。マニュアルフォーカスだったので、自分でピントを合わせて、ほとんど勘で絞りや露出を変えたりしながら、近所を散歩したり旅に出たりしながら写真を撮っていた。

それからも、写真については殆ど勉強することなく、ちょっと本を読んだり調べたりしながら写真をとってきた。何台かのカメラを経て、今使っているのはNIKONのD200。2年前くらいに考えに考えて買ったもので、その後NIKONからは次々と新製品がでていて、それは気になるけれど、正直私はこのカメラを使いこなしているとは言えないので、とても新しいものを買う気にはなれない。でも、最近になってまたちょっと違う写真も撮ってみたいなあと思ったときに、新しいレンズを買ってみようと思った。

このカメラを買った時につけたレンズはSIGMA 17-70mm F2.8-4.5で、広角でもある程度の望遠でも撮れるのでとても使い易かった。それとは性格の違うレンズを買ってみようと思い、選んだのは単焦点レンズ。当然ながらズームが効かないので、自分で撮りたいものとの距離を測って構図を決めてとらなくてはいけない。自分の足で動いて撮る分、構図の勉強になるかもと思ったのも購入を決めた理由。

そんなわけで、我が家に「Ai AF Nikkor 50mm F1.4」がやってきた。いろいろと試して撮ってみたけれど、まだ全然使いこなせない。このレンズは今までのレンズよりも小さいので娘を連れながらも持ち運び易いかもしれない。写真についての分厚いマニュアル類を読むのは苦手で、初めてMINOLTA SRT101を触ったときのように、自分でいろいろと試しながらのんびりつきあっていこうかと思う。

by blossoms_0606 | 2008-09-22 23:45 | 日常

<< グーグーだって猫である 夜のパン工房 >>